無料お見積りはこちらから メールでのお問い合せはこちら


メールアドレス

パスワード


会員登録された方は卸値で購入頂けます。ポイントがついて更に割引特典がつきます!

[→ 新規会員登録はこちら]

あなたのお店を繁盛店にする食器選び!そのポイントとは?
トップページ

先日大阪の飲食街を歩いていたら、同じ串焼きの店が2軒並んでおり、一方の店は外でお客さんが待っているのに、もう一方の店はなんとがらがらでした。どうしてこういうことが起きるのでしょうか?それは、お客様が思わず「あそこのお店おいしくて、器もかわっていて雰囲気がよかったわよ。今度行ってみたら。」とお友達に喋ってしまうような感動を与えるお店かそうでないか、だと我々は考えます。「そんな感動できるお店なんてつくれるわけないよ」とお思いでしょうか。実は私もそう思っていました。しかし、この方のお話を聞いて目からウロコがおちました。本当です。その方とはカリスマ店舗デザイナー神谷利徳氏です。決して浮ついたテクニックは一切書かれていませんが、読まれれた方は人生が変わってしまうかもしれないほどの貴重な小冊子を若干無料でお送りしています。

■『あなたのお店を繁盛店にする食器選び!そのポイントとは?』

 「もっと常連客を増やしたい」とお考えの飲食店オーナー様へ。
お店をオープンするとき、まずはどんなお店にするのか?その思いからスタートさせると思います。誰もが、どんなコンセプトにするか?そして、どういった顧客層をターゲットにするのか?といったことから始まり、実際のお店の外装、内装を考えながら、メニューを考えていくという順所立てをしていくのではないでしょうか?

 しかし忘れてはならないのは、「お客様」の事です。お客様は、ただ単にあなたのお店に空腹を満たすためにいらっしゃるわけではありません。「食事」を通じて、心の満足を求めにいらっしゃることを忘れてはなりません。そのためには、お店の雰囲気が、お客様が五感全体をとおして、癒される空間でなければならないのではないでしょうか?おいしい料理、温かいおもてなし等をトータルに感じて,ご満足されるものです。

 実は、その中で忘れがちなもの、それが食器類なのです。料理は味を楽しむ前に、目でその出来映えを楽しむことにもその醍醐味があります。その料理本来の彩りサポートするもの、それが食器であり、料理意外にお客様が直接手にするものでもあります。それゆえ、メニューにマッチしたものを選ばなければ、料理そのものの味も半減してしまうと思います。

創業昭和37年、器をつくり続けて40年、器の産地、岐阜県土岐市の(株)一幸陶苑に本部をおく、飲食繁盛店器倶楽部では、「おとなの癒し系」をキーワードに、飲食業をおとなが安らげる空間を提供する癒し産業ととられ、ワンランク上のお店づくりを目指して日々実践されている飲食店を対象に、お客を虜(とりこ)にするための様々な情報をご提供しております。この度当事務局では、繁盛店のための小冊子第2弾として、『あなたのお店を繁盛店にする食器選び!そのポイントとは?』(A5版・16頁)を飲食繁盛店器倶楽部とフードコーディネーターの青木姿穂子先生との共著で制作致しました。この貴重な小冊子を若干無料でお送りします

その内容の一部をご紹介すると次のとおりです。
⇒ 繁盛店とい割れる人気のお店ほど、食器類を厳選している
⇒ 食器にかける予算は 客単価×席数×お客さんの回転率
⇒ 色調によってお客様の開店率が違ってくる?
⇒ 非日常的な空間を演出する器とは?
⇒ 後悔しないための器選びの極意とは?

さらに、このページからお申込みされた方に限り、日本陶磁器デザイン協会理事長の神谷幸男氏と料理の鉄人勝又利夫先生にプロデュースいただいた、見るだけで新メニューのイメージが湧く、『繁盛店のための器ガイドブックVol.2』を一緒にお 送りします。

繰り返しになりますが、お客様はお店に空腹を満たすためだけに来店されているわけではありません。非日常的な感動体験を求めてみえます。その中で食器は忘れがちですが、重要なポイントを占めているのです。是非今すぐ手に入れて、お読みください。

飲食繁盛店器倶楽部本部
株式会社一幸陶苑
専務取締役 初川伸二